ブロックチェーンを活用したビジネスアイデア

ビジネス活用事例

ブロックチェーンを活用したビジネスアイデア(福祉業界)

世の中の問題を抜本的に解決する今もっとも注目されている技術の一つが、「ブロックチェーン」です。データの改ざんが難しい、信頼性が高い、過去の取引データを追跡できる透明性、これらを強みとする「ブロックチェーン」は、幅広い産業、領域においても活用が期待されています。

今日は、私が考え出した、介護業界のブロックチェーンを活用したビジネスアイデアについてお伝えしたいと思います。

私のことを知らない人も多いと思いますので、簡単に自己紹介をしますと、情報系の大学を卒業したあと、システムエンジニアとして20年近く従事してきました。その後、福祉業界に転業、現在、介護福祉士として働いてます。最初は、ブロックチェーンのことを、あまりよく知らない介護業界で働く介護士でしたが、とあるビジネス講座でブロックチェーンを使った海外事例である「デンタコイン」の話を聞いてから、ブロックチェーンが有用なものだと思い始めました。それから、ブロックチェーンのことを学び始め、今は、日本の介護の問題を抜本的に解決する技術の1つがブロックチェーンだと考えています。

これを読んで頂いている方は、福祉業界の方やブロックチェーンの業界で働く方、専門性の高い方も多いと思います。実際に福祉業界の現場で働く介護士が考えたブロックチェーンを活用したビジネスアイデアというのも、なかなかないと思います。 実現可能なのか、正しいのかどうかわからないんのですが、一度、ご覧いただき、ご意見を頂けないでしょうか。

きっかけは、とあるビジネス講座で「デンタコイン」の海外事例を聞いたことでした。「これは世の中を変える!」と、強いインパクトを感じたことを今でも覚えてます。

「デンタコイン」とは、簡単に言うと、世の中には、歯科治療が受けたくても受けられない人が30億人もいます。まともな歯科診療所がなかったり、保険もなく診療費が高額だからです。そこで考えられた「デンタコイン」は、毎月小額のデンタコインを購入すると、歯が痛くなったときに無料で治療を受けられる仕組みです。

ただし、 デンタコインを稼ぐためには、毎日歯ブラシをやらなければならないなど食生活で歯科医の指導にもとづく予防をしなければならないというルールがあります。

つまり、患者と歯科医が手を組んで、全体の治療費を安くする。そして、予防をちゃんとやれば、いざというときの歯科治療は無料でできるという仕組み。この仕組みをブロックチェーンが支えています。

私は、このデンタコインの海外事例を聞き、ブロックチェーンがもたらすインパクトに強い衝撃を覚えました。その感動から、この「介護コイン」のビジネスアイデアを考えてみました。

私のアイデアには3つの特徴があります。

  • 介護予防への活動への参加に報酬(インセンティブ)を与えることで介護予防を促進し、社会保障費の全体の削減を目指すものであること
介護予防への報酬

介護予防への報酬

 

  • 介護活動(ボランティアを含む)を行うことに対する報酬(インセンティブ)を付与することで介護従事者の人材確保を目指すものであること
介護活動への報酬

介護活動への報酬

 

  • 得られた報酬(インセンティブ)は、将来、自分が、いざ介護が必要となった時の支払いに使える保険システムであること
支払いに利用

支払いに利用

 

この3つの特徴をもとに日本の福祉における経済圏(トークンエコノミー)を形成し、人材不足と社会保障費が国の財政を圧迫するという問題を抜本的に解決することを目指すものです。

(※トークンエコノミーについての補足説明)経済は、今までは、日本円という通貨を日本という国が発行して日本の経済圏を作ってました。それが、今後は、ブロックチェーンの技術によって、企業や個人がトークンを発行して、独自の経済圏を作ることができるようになります。そうしてできた経済圏のことをを「トークンエコノミー」と言います。 トークンは、通貨のようなもの、簡単に言うと価値のあるモノという意味ですが、仮想通貨が使われることが多いです。ブロックチェーンの技術によって、トークンの発行数や公正で改ざん不可能な取引情報の記録ができるため、トークン発行者による悪意のある操作が不可能となり、その価値が担保されることによって、個人でも企業でも独自の経済圏を作ることができるようになるのです。

実存するブロックチェーンを活用した海外事例「デンタコイン」をもとに考えたブロックチェーンの海外事例を知った初日に考えたアイデアになります。

「介護コイン」についてまとめた資料は、 こちらからご覧ください。※特に、メールアドレスなどの入力がなくても開くことができます。(注意:別ウィンドウでPDFファイルが開きます。)

介護コイン

 

(現在、ブラシュアップを継続中です。)

 私自身は、元システムエンジニアで現在、介護業界で働く介護士です。 日本の福祉業界の問題を抜本的に解決する技術、それが「ブロックチェーン」だと考えています。

どんなご意見や感想でも構いませんので、コメント欄へご記入して頂くか、フォームよりご意見や感想をお送りください。メールアドレスをご記入いただいた方には、お礼のメッセージを真心を込めて返信させて頂きます! 名前の欄は、ニックネームでも構いません。 よろしくお願いします。

(注意:コメントは管理者の承認後にページへ反映されます。)

関連記事

  1. ビジネス活用事例

    ブロックチェーンのビジネス活用事例(食の安全)

    ブロックチェーンは、新たな社会基盤として様々なビジネスへの活用が取…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。
いつもクリックして応援頂きありがとうございます!!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
にほんブログ村

  1. ビジネス活用事例

    ブロックチェーンのビジネス活用事例(食の安全)
  2. 仮想通貨の種類

    暗号通貨(仮想通貨)

    初心者が失敗しない仮想通貨取引所選び | 仮想通貨の種類 #3
  3. ブロックチェーン

    なぜ、ブロックチェーンは凄いのか? Why BlockChain?
  4. ブロックチェーンを活用したビジネスアイデア

    ビジネス活用事例

    ブロックチェーンを活用したビジネスアイデア(福祉業界)
  5. 2020年 ブロックチェーンEXPO秋

    ブロックチェーン

    ブロックチェーン企業一覧 | 「ブロックチェーンEXPO 秋 2020」編
PAGE TOP